News

YES CAM®お取扱店様から、YES CAM®への “想い” や ”活用法”、プロポーズサポートへの取り組みについて、お話を伺いました。

【第一弾】北海道でプロポーズプロデューサーを務める、Sincere(サンシェール) 山中様

一生に一度のプロポーズだからこそ、最高のロケーションでプロポーズしましょう。

【YES CAM®を知った時の率直な感想】

「YES CAM®」を知った時、まず一番初めに思い浮かんだことは、『僕のプロポーズの時に使いたかった…』という想いです。

僕は、“日本でただ一人”のプロポーズプロデューサーとして、北海道で、プロポーズの演出をやっています。

きっかけは、2015年の1月、僕自身が、札幌の名所「テレビ塔」を全部貸し切ってプロポーズしたことです。この時、妻は30歳の誕生日だった為、誕生日ディナーということで食事に誘い、テレビ塔である大掛かりな仕掛けをして、事前に、妻に内緒で買っていた婚約指輪を出して、片膝をついて、当に映画のようにサプライズプロポーズをしました。

この一連のプロポーズ大作戦の様子は、事前に指輪を買うシーンも含め、一部始終を撮影して、『プロポーズDVD』として、今でも我が家の“大切なタカラモノ”です。

実は、僕は、この日の記憶がほとんどありません(笑)
緊張で心臓がバクバクで、豪華なコース料理の味も覚えていません… そのため、テレビ塔でプロポーズの際、頭が真っ白になり、指輪を出す瞬間に決めていた言葉もほとんど言えず、「世界中で一番愛しています!結婚してください!家族になろう!」との言葉だけは言えたのは、覚えていますが、その他はなんと言ったか、ちゃんと噛まずに言えたか、全く覚えていません…

なので、YES CAM®を知った時、衝撃でした! これがあれば、あの「奇跡の瞬間」を押さえておけたのに…

【SincereならではのYES CAM®の活用】

僕は北海道でプロポーズの演出をやっています。北海道は誰もが知るくらい、広大な大地が広がっています。

夏であれば、大海原、大草原、冬であれば、一面の雪の銀世界の中でも、YES CAM®が1台あれば、本当に、あらゆる場所でプロポーズでき、それが最高の自然の演出になります。

プロポーズは本当に幻想的で、プロポーズする男性も、してもらう女性にとっても、人生が変わるくらいの大切な瞬間です。だからこそ、それを「記録」にして永遠に残していき、周りに幸せのお裾分けをしたり、二人だけの大切な思い出として、心に刻む「記憶」だけでなく、大切にとっておき「記録」としておいてほしいと強く願います。

【北海道の現状】

北海道の男性は愛情表現が非常に苦手・奥手です。そのため、プロポーズがなく、結婚したご夫婦が非常に多いです。

【北海道の男性を後押しする、北海道にピッタリの“セカンドプロポーズ”】

「セカンドプロポーズ」
それは、既に結婚はしているが、結婚前に何らかの理由でプロポーズできなかった旦那さんが、結婚後に改めてプロポーズすることを言います。北海道の男性は前述したように、愛情表現が奥手なため、“ここぞ”というプロポーズの場面で、「勇気が出ない」ことが多々あります。

そこで、僕のような、プロポーズに“熱い”想いを持ったプロポーズプロデューサーが万全の態勢で後押しすることで、普段、一人では心が折れそうな男性の「最高の味方」になれます。少々厳しいかもしれませんが(笑)、女性にとって本当に大切な瞬間であり、子供のころから夢見る瞬間を、ビシッと決められることができれば、必ず奥さんからの最高の信頼を勝ち得るはずなので、その思いを汲んでプロポーズをしてほしいです。

YES CAM®はその一世一代、もしかしたら、“もう一生こういう男らしい瞬間は無い”かもしれないので、そんな貴重な瞬間を一瞬も逃さず抑えてくれる最高の北海道の男性の武器になるので、これを使って是非プロポーズを頑張ってほしいと思います。

【最後に一言・・・】

どんなに時代は変われど、“男性が女性に想いを伝える”ことだけは、変わってはいけないことだと僕は思っています。それができれば、この世界は必ず平和になると思います。だからこそ、プロポーズという、間違いなく、男女にとって一番のターニングポイントでは、男性は、恥やプライドを捨て、心の底から頑張ってほしいと強く願っています。

Sincere(サンシェール)

https://www.yescam.jp/partners/sincere/01_sapporo.html

サービスに関するお問い合わせ

公式HP:http://sincere-propose.com/
Instagram:https://www.instagram.com/sincere.yamanaka/